092-600-4200

軽減税率が始まるとどうなる?

2019年10月1日の消費税増税のタイミングに「軽減税率」もスタートします。

軽減税率が導入されると、お店で取り扱っている商品の「種類」や「提供方法」によって消費税の税率が8%と10%に分かれてしまいます。

対応しておかなければ、お会計が大変になってしまいます。

消費税 8% のまま据え置きのもの

<新聞・雑誌>
・発行頻度:週2回以上
・定期購読契約に基づくもの

<飲食料品>
・野菜、肉、魚、精米、乳製品、パン類、菓子類 等
・ミネラルウォーター
・ビール(ノンアルコール)、みりん(アルコール分1%未満のもの)
・氷(食用)

<提供方法>
・テイクアウト、宅配等
・有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供
・果物狩りで収穫した果物
・ホテル、旅館等の客室冷蔵庫内の飲食物

消費税 10%増税されるもの

<新聞・雑誌>
・発行頻度:指定なし
・電子版のもの、コンビニ等で販売されているもの

<飲食料品>
・水道水、酒類(ビール、ワイン、日本酒、みりん、調理酒等)
・ドライアイス、氷(保存用)
・家庭用動物、観賞用の魚
・医薬品、医薬部外品

<提供方法>
・レストラン、出張での調理、屋台等
・学生食堂や社員食堂での食事の提供
・果物狩りで収穫した果物を果樹園内で飲食する
・ホテルのルームサービス

軽減税率にはどういう対策が必要なの?

あなたのお店はどのタイプ!? 
次のチャートで診断してください!

Aのあなたのお店に必要なのは・・・

① 経理処理の変更

Bのあなたのお店に必要なのは・・・

① 経理処理の変更

② 受発注システムの改修・入替検討

③ 請求書等の様式変更

 

Cのあなたのお店に必要なのは・・・

経理処理の変更

② 受発注システムの改修・入替検討

③ 請求書等の様式変更

④ レジ入れ替えの検討

軽減税率が始まると「レシートへの表示」が変わる!?

軽減税率制度が始まると、領収書(レシート)への必須記載項目が変わります。
あなたのお店のレジはこのポイントをおさえたレシートを出せますか?

■レシートへの表示例

現行の請求書等保存方式

区分記載請求等保存方式

インボイス制度

レジの買い替えを検討されている方
国が用意しているこんな制度をご存知ですか?

中小企業・小規模事業者等
消費税軽減税率対策補助金

この補助金制度は、消費税軽減税率制度の実施に伴い、対応が必要な方に対し
複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修等に必要な費用の一部を国が補助する制度です。

つまり、費用を抑えてレジや受発注システムの買い替えができるため、
2019年10月からの軽減税率にスムーズに対応できるようになるということです!

■補助金の対象となる4つのタイプ

消費税軽減税率対策補助金制度の対象となるレジは「A型」と呼ばれ、4つのタイプに分かれます。

上記画像は「軽減税率対策補助金(http://kzt-hojo.jp/)」から
引用させていただきました。

全ての導入型の補助額はレジ一台あたり
20万円が上限です!

iPadは1/2、周辺機器は3/4の補助金が適用されます。

 

※(2018年12月26日追記)

さらに、

・軽減税率対応の請求書等の作成システムの開発・改修、

パッケージ製品・事務機器等の導入に係る費用

・レジ設置時とは別に行う商品情報(商品マスタ)の登録に係る費用

 

も、補助金の対象となりました!

「中小企業庁(http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/181225keigen.htm)」より

■補助金の適用例

・iPad
 37,790円(税抜)→ 1/2の補助金適用で18,900円(税抜)
  ※apple(第5世代 / 32GB / Wi-Fiモデル)の場合

・レシートプリンタ内蔵キャッシュドロア
 54,800円(税抜)→ /の補助金適用で13,700円(税抜)
  ※バーコードリーダーなし(POP10-JP)の場合

新たに行う商品マスタの設定 /
機器設置(運搬費含む)に費用を要する場合
さらに1台あたり20万円
上限に支給されます。

レジ複数台申請等については、1事業者あたり200万円が上限となります。
※指定の申請書類が追加で必要となります。

■どういうレジが対象になるの?

軽減税率対策補助金公式サイトによると

・複数税率に対応した継続的なレジ機能サービスをタブレット、PC又はスマートフォンを用いて利用し、レシートプリンタを含む付属機器を組み合わせてレジとして新たに導入するものを補助対象とする(A-3型)

・POSレジシステムを複数税率に対応するように改修または導入する場合の費用を補助対象とする(A-4型)

また、補助金対象になるのは「指定サービスベンダーが登録する複数税率に対応したレジ機能を有するサービスを継続的に提供するモバイルPOSレジのサービスとする」という記載もあります。

この機会に軽減税率対応の
POSレジを導入しよう!

■今人気のタブレット型POSレジって?

iPad等でレジ機能が使えるものです!

従来のキャッシュレジスターがもともと持っていた会計の機能にネットワーク機能を連携させることで、商品を販売した時点でその情報を記録・集計するとともに、集計した情報をもとに様々な管理・分析をリアルタイムに行うことができます。
さらに、軽減税率に対応しているのもポイントです。
※全てのタブレット型POSレジが対応しているわけではありません。

従来の据え置き型のレジと違い、iPhoneかiPadとWi-Fi環境さえあれば場所を問わず、いつでもどこでもデータを確認出来るのも大きなメリットです。
もちろんPCからもアクセス可能。費用も比較的安価なのが特徴です。

■代表的なタブレット型POSレジの例

Air レジ

スマレジ

USENレジ

■POSレジを入れることでどうなるのか?

営業後の締め作業にかかる時間を
大幅に削減!

  • 売上データが自動で蓄積
  • リアルタイムにどこからでもデータ閲覧が可能
  • クラウド会計と連携させることで、売上データを自動取込&自動仕訳

締め作業にかかる時間が
2分の1に短縮

2h / 日

これまでのレジを使った場合

1h / 日

POSレジを使った場合

さらに!!2019年10月〜の軽減税率制度実施後は・・・

売上の集計や会計帳簿への転記が必要になります

➡︎ 8%の売上と10%の売上を
それぞれ分けて行わなければならない

締め作業にかかる時間が
3分の1に短縮

この機会にPOSレジを導入して、コストダウンに取り組もう!

どのPOSレジがいいのか
比較しよう!

■ Airレジとは?

  • サービス提供元

リクルートライフスタイル

  • 導入金額

0円!
※別途、iPadやレシートプリンター等の周辺機材代がかかります。
(周辺機材代について詳しくはこちら:https://faq.airregi.jp/hc/ja/articles/115007822447

  • 商品構成

無駄がないシンプルなデザインで使いやすい。
ハンディがなく、注文をタブレットに直接入力するため小規模のお店におすすめ。

【主な機能】

  • 注文入力・会計
  • 点検・精算
  • 売上分析
  • 顧客管理
  • 商品管理
  • 設定(レジ設定)
  • 設定(基本情報設定)
  • 決済・予約管理
  • サービスとの連携
  • 会計ソフトとの連携

■ スマレジとは?

  • サービス提供元

株式会社スマレジ

  • 導入金額

0円〜12,000円 / 月
※プランによって金額が異なります。
※別途、iPadやレシートプリンター等の周辺機材代がかかります。
(周辺機材代について詳しくはこちら:https://smaregi.jp/hardware/

  • 商品構成

在庫管理に特化しているため、飲食店だけでなく雑貨屋やアパレル等にもおすすめ。(レジ機能だけなら無料で使える。
それ以外は月額4,000円〜)

【主な機能】

  • レジ機能
  • クレジットカード決済
  • 免税店対応
  • 商品別税設定
  • クイックコマンド
  • 充実の売上分析
  • 予算管理
  • 顧客管理
  • 複数店舗管理
  • 高度な在庫管理
  • データのCSV出力
  • ユーザーの閲覧権限設定
  • 外部システム連携
  • スマレジAPI
  • オーダーエントリー
  • ウェイターBOX
  • トレーニングモード
  • スマレジストア
  • PL管理
  • アラート機能

■ UレジFOODとは?

  • サービス提供元

株式会社USEN

  • 導入金額

9,980円 / 月〜
※初期費用別(65,000円〜)
※別途、iPadやレシートプリンター等の周辺機材代がかかります。

  • 商品構成

ハンディがあり飲食店向け。他に比べ少し高いがサポート・機能が充実している。

【主な機能】

  • POSレジ機能
  • 販売設定
  • 免税販売
  • 在庫管理機能
  • 統計情報
  • WEB管理画面
  • オプション機能
  • 日報機能
  • 顧客管理機能
  • 送金手数料カット
  • クラウド会計連携
  • クレジットカード決済

ワクフリからのお知らせ

九州初!タブレットPOSレジ・クラウド会計
クラウド勤怠体験ブースin福岡

今話題のタブレット型POSレジ(Airレジ)、クラウド会計、クラウド勤怠が一度に体験出来るブースが誕生いたしました!
レジ単体でも十分業務を効率化可能ですが、クラウド会計・勤怠と一緒に使うことでよりいっそうの相乗効果が期待できます!
スタッフによるご案内とともに、実際にタブレット型POSレジ(Airレジ)、クラウド会計、クラウド勤怠を見て触って、使い心地を試してみませんか?

来場は無料です!

内容

  • タブレット型POSレジ(Airレジ)を体験
  • クラウド会計を体験
  • クラウド勤怠を体験
  • 上記3つを組み合わせて何か出来るか体験
  • クラウドサービスを使った業務効率化についてのご相談受付
  • 補助金についてのご相談受付

※ 完全予約制
※ 弊社はベンダーではございません。
※ サービスについて、押し売りなどは一切行いません。

ブース詳細

  • 日時

平日10:00〜17:00

  • 会場

福岡県福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル1F The company内

地図はこちらをクリック

  • 参加費

無料

  • 定員

先着30名様

(※定員に達し次第お申込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。)

  • 主催企業・団体

株式会社ワクフリ

  • お申込み

ワクフリからのセミナーのお知らせ

飲食店のための一番わかりやすい
軽減税率対策セミナー

内容

・軽減税率とは何か
・対策をすることで得られるメリット、対策をしないことによるデメリット
・求められる対策と、実行するための対応方法
・補助金の活用による軽減税率対策&経営力向上の実現

セミナー詳細

  • 日時

①3月18日(月)

※いずれの日程も開催時間は、14:30~16:30です。
(ご希望の方はセミナー終了後個別相談も可能です。)

  • 会場

福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-27 九勧博多駅前ビル6F会議室

地図はこちらをクリック

  • 参加費

無料

  • 定員

先着30名様

(※定員に達し次第お申込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。)

  • 講師

株式会社ワクフリ 代表取締役

髙島卓也

  • 主催企業・団体
  • お申込み

会社概要

社名 株式会社ワクフリ
設立 2017年12月
資本金 1,350万円

※2018年8月24日より、株式会社マネーフォワードグループ傘下に入っています。
株式会社マネーフォワードHP:https://corp.moneyforward.com/

代表取締役 髙島 卓也
本店所在地 〒812-0038
福岡県福岡市博多区祇園町8番13号
第一プリンスビル1F
電話 092-600-4200

受付時間:平日9時〜18時

メール info@wakufuri.com
ホームページ https://wakufuri.com
業務内容

・クラウド活用サポートサービス
(チャットでの相談コンサル)

・バックオフィスクラウド化支援
(クラウド会計等の導入支援やコンサルティング)

・補助金獲得サポート
(IT導入補助金、軽減税率対策補助金、小規模事業者持続化補助金)